文字の大きさ

共通

北育ち元気村花き生産組合が設立20周年!通常総会・記念講演・記念式典が開催されました

2018年1月17日

北育ち元気村花き生産組合(石田隆広組合長)は1月17日、深川市プラザホテル板倉にて、設立20周年記念として、通常総会、並びに記念講演、記念式典を開催し、生産者をはじめ、道内外の取引先市場や種苗会社等の関係者、歴代役員ら多数の方々が出席しました。
始めに行われた通常総会の共励会表彰では、部会別・対象品目別に成績優秀な生産者を表彰。北いぶき管内から16名が表彰され、代表者に対し表彰状が手渡されました。総会開催にあたり、石田組合長は「今年度は出荷箱数が前年比107%となり、確実に生産者の技術が高位平準化し、来年度にかける生産の基盤が十分整ったと思っております」と挨拶。その後の議事では、設立20周年となり成熟期を迎えた当組合が、なお前進する産地でありたいとの強い思いから「品質を伸ばす産地に明日がある!!」とのテーマが掲げられました。
その後、(一社)日本花き卸売市場協会会長の磯村信夫氏を講師にお招きし、「花き消費の見通し」との演題で記念講演を開催。講演後には、記念式典を開催し、石田組合長の式辞後、歴代役員をはじめとした関係者に対して感謝状の贈呈が行われました。贈呈後、感謝状が贈られた方々を代表して、第4代組合長である竹内常雄氏(秩父別)から謝辞が述べられ、来賓祝辞を経て記念式典が終了しました。

共通

コンプライアンス・個人情報保護法等全体研修会開催

2018年1月16日

JA北いぶきは1月16日、本所3階大ホールにて全職員を対象とした「コンプライアンス・個人情報保護法等全体研修会」を開催し、職員124名が出席しました。
この研修会は、職員それぞれのコンプライアンス意識向上と個人情報保護法等の知識習得を目的として毎年開催しており、講師にJA北海道中央会岩見沢支所の岡田主幹をお招きしました。
始めに、個人情報等の取り扱いに係わる対応やセキュリティ対策、独占禁止法等について説明をして頂き、次に、「風通しの良い活力ある職場づくり」「自ら考え、自ら実践!」を話の軸として、楽しくイキイキと目標を持って働ける風通しの良い職場環境づくりが、職員のモチベーション向上、より良いパフォーマンスの発生へとつながり、優れた組織となることで、更なる組合員満足を生み出すといった内容の話をして頂きました。

沼田

農業倉庫蔵開き 農産物の豊作と農作業の安全を願う

2018年1月11日

1月11日、沼田支所第16号倉庫内にて、本年の農産物の豊作と農作業の安全を祈願するため、常勤役員・関係職員出席のもと、農業倉庫蔵開き神事が執り行われました。
今年一年が天候に恵まれ、生産者の皆様が大過無く豊穣の出来秋を迎え、良質な農産物を収穫できるよう、また、消費者の皆様に「安心・安全」で美味しい農産物が提供できるよう、一同神前に手を合わせ、農産物の豊作と本年の農業が平穏無事に終わることを祈願しました。

妹背牛

㈱佐藤農場(佐藤忠美代表取締役、妹背牛北)が第47回日本農業賞(個別経営の部)北海道代表に決定! 全国審査会による現地調査が行われました

2018年1月10日

昨年10月に行われた、第47回日本農業賞(個別経営の部)の北海道審査会において、㈱佐藤農場(佐藤忠美代表取締役、妹背牛北)が北海道代表に決定し、その結果を受け、1月10日、妹背牛町内にて同賞全国審査委員による現地調査が行われました。
始めに、妹背牛支所にて、佐藤代表より現地の概況や経営状況、田畑輪換や水稲直播栽培への取り組みについての説明が行われ、その後、現地施設等の視察の為、㈱佐藤農場へ移動し、農業機械や乾燥機等の使用にあたり、創作・改良した点・工夫をしている点等の説明が行われました。
妹背牛支所に戻った後は、質疑応答の時間が設けられ、佐藤代表はじめ、取締役である妻・聖子さん、構成員である4女・亜紀さんなどの方々が、農業への熱い思いと将来への展望を交えながら、全国審査委員からの様々な質問に答えていました。また、地元産「ゆめぴりか」と「ななつぼし」、㈱佐藤農場産「ほしまる」の試食も併せて行われ、真剣な様子で3品種を食べ比べする審査員の姿も見られました。

共通

北いぶき南瓜・馬鈴薯生産組合 通常総会開催

2017年12月22日

北いぶき南瓜・馬鈴薯生産組合(荒木勉組合長)は12月22日、秩父別町内にて通常総会を開催し、生産者7名が出席しました。
荒木組合長の挨拶後、議事に入り、平成29年度事業報告・収支決算、役員改選等、全ての議案が承認されました。JA職員による販売実績報告では「前年と比べ、南瓜、馬鈴薯共に反あたりの収量は伸びたが、単価が安く販売額は減少した。今年作付けを始めた南瓜の「プリメラ」は、品質や揃いが良く市場から高評価を得ています」との報告がされました。また、生産者からは「広域連で行っている南瓜の選果、特に等級付けを行っている所を見てみたい」などの要望が挙げられ、総会が終了しました。

共通

北いぶきシシトウ生産組合 通常総会・反省会開催

2017年12月20日

北いぶきシシトウ生産組合(杉原憲行組合長)は12月20日、妹背牛支所3階和室にて通常総会並びに反省会を開催し、生産者10名が出席しました。
杉原組合長の挨拶後、来賓祝辞が述べられ、議事に入りました。議事では、平成29年度事業報告・収支決算、役員改選等、全ての議案が承認され、最後に、JA職員から販売実績報告が行われました。総会終了後は、普及センターの髙橋普及員を講師に、「平成29年のシシトウ栽培について」と題して、気象経過や生育経過の説明と、次年度以降の課題や対策についての話し合いが行われました。

« Prev12345...26Next »