文字の大きさ

沼田

沼田年金友の会 第31回 定期総会開催

2018年7月11日

JA北いぶき沼田年金友の会(岡田勲会長)の第31回定期総会が7月11日、沼田町まちなかほっとタウン2階多目的ホールにて開催され、会員146名が出席しました。
岡田会長の挨拶後、本年の米寿並びに金婚祝いが行われ、米寿対象者4名と金婚対象のご夫婦5組に記念品の贈呈が行われました。続けて、来賓のJA篠田組合長より祝辞が述べられ、JA北いぶきへの年金振込指定や日頃からのJAバンクご利用に対してのお礼と共に、「年金を当JAで受給されていない方が周りにいらっしゃれば、是非誘って頂いて、この友の会で一層の親睦・融和をはかって頂きたい」との思いを伝えられていました。
その後、北野征男さんを議長に選出、議事に入り、平成29年度事業報告並びに収支決算等全4議案が承認され、最後に、8月2・3日に開催される温根湯温泉への研修旅行について報告・連絡がされ総会が終了しました。総会後には、毎年恒例のお楽しみ抽選会が行われ、大いに盛り上がりました。

共通

花き生産組合3支部合同圃場巡回 天候不順に負けない!高品質な花づくりに向けて

2018年7月11日

秩父別・妹背牛・沼田の花き生産組合3支部による合同圃場巡回が7月11日に実施され、生産者25名が参加しました。
この合同圃場巡回は、各々の圃場で栽培中の花を確認し合い、生産者同士が直接情報交換を行うことで、全国に求められる高品質な花を栽培・出荷していくことを目的として毎年実施されており、今年は沼田地区・田島泰宏さん(沼田中部)、秩父別地区・越智利政さん(日の出)、妹背牛地区・大河内慶助さん(妹背牛中央)の北いぶき3ヶ所と深川市音江地区の佐藤松文さんの圃場を巡回しました。
巡回中は、6月前半の多雨と後半の日照不足、7月初旬の大雨について、生育への影響や講じた対策を話し合う姿が多く見られ、また、自身が育てていない品種の栽培や管理の仕方、収益率等を質問している場面も見られました。巡回に同行した普及センターの髙橋専主からは「天候の影響もありましたが、皆さん素晴らしい管理をされていました。出荷は少々遅れていますが、良い出来であると思います」との講評を頂き、合同圃場巡回が終了しました。

共通

北いぶきメロン生産組合 圃場巡回 出荷間近のメロンを確認

2018年7月9日

北いぶきメロン生産組合(松永徹組合長)は7月9日、メロンの出荷を間近に控え、現在の生育状況を確認する為、生産者9名参加のもと圃場巡回を実施しました。
はじめに訪れたのは、秩父別支所農産物集出荷施設。今年から夏作メロンの集荷場所が沼田地区から秩父別地区に変更となる為、施設までの道順や集荷の仕方、選果や出荷用段ボールの取り扱い等を一同で再確認しました。その後、3戸の圃場を巡回し、ネットの張り具合や玉の形、大きさの他、同月上旬の大雨の影響がないか等を確認。概ね良好の生長具合に一同安心した様子でした。最後に、普及センターの髙橋専主より講評を受けた後、生産者から日頃の疑問点や出荷までの注意点などが質問され、圃場巡回が終了しました。

共通

北いぶき大豆生産組合 契約先との交流会開催 大豆を通じて深まる絆

2018年7月6日

北いぶき大豆生産組合(宮田茂樹組合長)は7月6日、契約先との交流会を開催し、生産者34名が参加しました。
交流会の開催にあたり、JA黒田専務と宮田組合長より、悪天候の中訪問して頂いた契約先の方々への感謝の言葉と、降雨が続き中々作業が進まない生産者に向けた激励の挨拶が述べられ、その後、交流10周年になることを記念して、契約先である「コープきんき」より大豆生産組合に対し感謝状が贈呈されました。
交流会では、生産者と契約先の方々が談笑している場面や、真剣な表情で今後の展望を語り合う場面などが見られ、非常に有意義な時間となりました。また、大雨による影響で急遽訪問することが叶わなかった「よとがわ市民生協」の皆様より、後日スズマル生産者に向けた温かい寄せ書きを頂きました。

共通

北いぶきブロッコリー生産組合 目揃い会・圃場巡回 市場関係者との交流会も行いました

2018年7月2日

北いぶきブロッコリー生産組合(山森聡組合長)は7月2日、秩父別支所農産物集出荷施設にて目揃い会並びに圃場巡回を開催し、生産者16名が出席しました。また今回は、同生産組合が今年創立30周年を迎えることから、日頃お世話になっている道内外の市場関係者を多数招待し、出席して頂きました。
山森組合長挨拶後、JA職員から出荷規格・品質基準等について、普及センターの志和専主からこれまでの気象経過と生育経過、今後の病害虫対策について、それぞれ説明が行われました。続けて、当日生産者より出荷され選果された製品の状態と等級を全員で確認。その後、現在の生育状況を確認するため、2戸の圃場を巡回しました。終了後は、秩父別町ふれあいプラザにて市場交流会を開催し、これまでの感謝を伝え合い、販売に係わる要望や今後の展望について熱く語り合いました。

共通

平成30年度 第2回・第3回現地研修会開催(会期:5月2・8・10日、6月19・20・25日)

2018年6月25日

【第2回現地研修会】
第2回現地研修会(青空教室)を、5月2日に沼田地区、同8日に秩父別地区、同10日に妹背牛地区でそれぞれ行いました。
研修会では、普及センター職員から、水稲の健苗育成に向けた管理と本田準備ということで、育苗に係る温度と水の管理、本田の耕起・施肥について説明がされ、また、秋まき小麦の追肥や前年度の優良事例等についても説明がされました。
【第3回現地研修会】
第3回現地研修会(青空教室)を、6月19日に妹背牛地区、同20日に秩父別地区、同25日に沼田地区でそれぞれ行いました。
研修会では、普及センター職員から、水稲の幼穂形成期以降の水管理、いもち病やカメムシ等の病害虫防除について説明された他、秋まき小麦、大豆、そばの病害虫防除についても説明されました。また、妹背牛地区では、研修会後に農業用ドローンのデモフライトが行われました。

« Prev12345...28Next »