文字の大きさ

共通

シシトウ生産組合 通常総会

2020年12月18日

 12月18日、シシトウ生産組合(杉原憲行組合長)は、妹背牛支所大ホールにて通常総会を開催しました。
 議事では令和2年度事業報告・決算報告・監査報告、令和3年度の事業計画(案)、収支予算(案)、会費の賦課徴収等、全て滞りなく承認されました。
 続いて、令和2年度の営農を振り返り、次年度へ向けた反省会を行いました。追肥のタイミングや防虫ネットの効果的な使用、ハウス内の温度管理について、生産者皆さんで活発な意見交換をしていました。

共通

ブロッコリー生産組合 通常総会

2020年12月17日

 12月17日、ブロッコリー生産組合(谷水敏和組合長)は、本所中会議室にて通常総会を開催しました。
 谷水組合長挨拶後、議事は滞りなく進行され、全ての議案が承認されました。その後、共励会受賞者(1000ケース以上の出荷且つ特秀品率が高かった方)として宮田茂樹さん、(株)にしや、谷水敏和さん、植田孝典さん、山森正巳さん、特別賞として北守智彦さん、岡嶋栄也さんが表彰されました。また、出荷奨励対策については遠藤大亮さん、植田孝典さん、(株)にしやが達成されました。
 最後に、アブラナ科根こぶ病対策緑肥の試験事例として、真島秀樹さんより、真島さん圃場を試験圃とした調査傾向について、普及センターの資料と共に説明されました。

共通

農事組合別組合員・女性部との懇談会

2020年12月2日

 12月1日から2日にかけて各支所にて、各地区各農事組合・女性部を対象とした冬季懇談会が開催されました。
 懇談会では、令和2年産農畜産物販売支払高見込み、うるち米を巡る情勢、令和2年産米・小麦・そばの精算について、花卉蔬菜販売状況、女性部加入推進、営業時間の見直し、第7次地域農業振興計画の概要等、多くの項目について報告・説明させていただきました。
出席された皆様からは貴重なご意見やご質問、ご要望を頂きました。これらを基に、今後のJA事業がより良くなるよう役職員一同努めてまいります。

共通

第4回農事組合長会議

2020年11月30日

 11月30日、本所3階大ホールにて令和2年度 第4回農事組合長会議を開催しました。
 JA篠田組合長は、今年度のカントリーでの米集荷量が62万俵を超えたことに感謝の言葉を述べられましたが、外食産業の情勢から需給のバランスが悪く米価が下がってしまっている状況等について話されました。
 続いて、普及センターより令和2年度の農作物の生育状況を振りかえり、気象経過とともにJA管内で豊作となった要因についてプロジェクターを使って解説されました。
 その後、JAより12月1日、2日に控えた農事別組合員・女性部との懇談会について、資料を基に農産物販売状況、令和3年度営農計画書、第7次地域農業振興計画等について説明させていただきました。

共通

ぬまわーくに参加しました

2020年11月17日

 11月17日、JA北いぶきは、ぬまわーく2020に沼田町の企業として参加。当初は、ほろしん温泉を会場に北空知・滝川地区の高校が参加する説明会の予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今回は沼田町役場とクラーク記念国際高校を繋いだオンライン形式でのみの開催となりました。
 生徒の皆さんには、JA北いぶきの概要とともに、JA若手職員から実際の業務内容や職場の雰囲気などを紹介させていただきました。

共通

令和2年度 農事組合長視察研修

2020年11月11日

 11月10日から11日にかけ、苫小牧方面へ視察研修を行いました。
 初日は、株式会社Jファーム苫小牧を視察。高度な栽培環境制御システムと天然エネルギーを利用した省エネ環境で、ミニトマトとベビーリーフを栽培しており、特にミニトマトについては、糖度センサー付きの選果機を用いて糖度別に出荷をしていました。
 翌日は、日本ニューホランド株式会社 苫小牧デポを視察しました。海外工場で生産された日本ニューホランド株式会社製品のトラクターやコンバイン等の農業機械が陸揚げされる拠点となっており大型のショールームのようでした。その他、自動操舵など最先端技術についても説明していただきました。

12345...22Next »