文字の大きさ

共通

北いぶきメロン生産組合 目揃い会開催

2016年7月23日

7月23日、北いぶきメロン生産組合(松永徹組合長)は目揃い会を開催し、生産者15名が出席しました。
松永組合長の挨拶後、JA職員から現在の市場出荷や宅配注文の状況、ふるさと納税への対応等について説明・報告が行われました。
その後、この日集荷された製品の規格と等級を比較しながら、玉の大きさや形、ネットの張り具合などについて確認し合いました。

共通

麦の受け入れを開始しました 昨年に続き今年も品質・収量ともに良好です!(会期:7月23・25日)

2016年7月23日

妹背牛支所麦集荷調製施設は7月23日、沼田支所麦集荷調製施設は7月25日に、それぞれの麦の集荷を開始しました。
麦の集荷におきましては、妹背牛支所の施設で妹背牛地区と秩父別地区(一部)を対象として受け入れしており、沼田支所の施設で沼田地区と秩父別地区(一部)を対象として受け入れを行っています。
担当するJA職員は「昨年の麦も非常に良かったが、今年も昨年並みに品質・収量ともに良好です」と笑顔で話し、麦生産者にとっては今年も良い年となりそうです。

共通

北いぶき蔬菜類生産組合 ミニトマト目揃い会開催

2016年7月20日

北いぶき蔬菜類生産組合(篠原省三組合長)は7月20日、秩父別支所農産物集出荷施設にてミニトマト目揃い会を開催し、JA北いぶきとJAきたそらちのミニトマト生産者12名が出席しました。
目揃い会では、篠原組合長の挨拶後、普及センターの橋本普及員より今後の病害虫対策や管理の仕方について説明がされました。
その後、JA職員から集荷時の色味や大きさなどについて説明がされ、目揃い会が終了しました。

共通

北いぶきブロッコリー生産組合 目揃い会・圃場巡回開催

2016年7月14日

7月14日、北いぶきブロッコリー生産組合(山森聡組合長)は、秩父別支所農産物集出荷施設にて目揃い会及び圃場巡回を開催し、生産者27名が出席しました。
目揃い会では、山森組合長の挨拶後、取引先市場である東京新宿ベジフル㈱の杉原副部長から現在の市場動向について説明がされ、続けて、JA職員が出荷規格や品質基準について説明をしました。その後、普及センターの橋本普及員より病害虫の予察や防除、薬剤ローテーション等について説明がされ、最後に、出荷中の製品の状態と等級を出席者全員で確認しました。
圃場巡回では、宮西貴志さん(秩父別・北新)と谷口修一さん(沼田・沼田中部)の圃場を回り、現在の生育状況を見ながら、今後の栽培や集荷等について話し合いました。

共通

花き生産組合3支部 合同圃場巡回実施

2016年7月13日

7月13日、秩父別・妹背牛・沼田の花き生産組合3支部による合同圃場巡回が実施されました。
今回は、沼田地区・矢内真也さん(沼田東部西)、秩父別地区・藤岡和正さん(稲豊)、妹背牛地区・土田利夫さん(妹背牛北)の北いぶき管内3カ所に加え、深川市内メム地区の近藤洋介さんの圃場を巡回しました。
当日は、昨年を上回る43名の生産者が参加。圃場の花の状態を確認しながら、栽培方法や管理の仕方などについて積極的に話し合われていました。
最後に、巡回に同行した普及センター・橋本普及員より講評を頂き、合同圃場巡回が終了しました。

沼田

沼田支所寿会 部員研修旅行 南空知・中空知を楽しんできました!(会期:7月6・7日)

2016年7月6日

沼田支所寿会(松野真津子会長)は7月6・7日、13名の会員が参加し研修旅行を実施しました。
1日目は由仁町のゆにガーデンで押し花のコースター作りを体験した後、園内をバスで散策。午後からは、栗山町の小林酒造㈱を訪れ、施設内の見学を行いました。担当者の方の説明を聞き、明治時代から続く歴史ある建物と酒蔵に皆さんとても関心をもたれた様子で、最後にはお酒の試飲もさせて頂きました。
2日目は浦臼町の神内ファーム21を視察。広大な土地、赤毛和牛にマンゴーなど、普段見ることのできない飼育管理や栽培方法に驚く声が多く、非常に学び多い視察となりました。その後は、滝川市の滝川ふれあいの里でパン作り体験を行い、地元産「ハルユタカ」100%の小麦粉で作った焼き立てのパンは、もちもちした食感が美味しくとても好評でした。

12Next »