文字の大きさ

妹背牛

もせうし豊年盆踊り大会開催

2018年8月11日

8月11日、妹背牛町内コミュニティプラザ交流広場にて、豊穣祈願もせうし豊年盆踊り大会が開催されました。本来は10日の開催でしたが、降雨の為、子ども盆踊りのみを行い順延となり、翌日に無事開催の運びとなりました。
前日の続きという形で、子ども盆踊りが行われた後、大人盆踊りが始められ、町内外から集まった個人や団体が大勢参加。きらびやかな衣装や着ぐるみを着て踊る方など面白い仮装もたくさん見られました。JA北いぶきからは、妹背牛支部の青年部と女性部、そして、妹背牛支所職員が参加。それぞれが用意していた仮装で会場内を大いに盛り上げていました。

妹背牛

2018もせうし夏祭り開催

2018年8月5日

8月5日、妹背牛町総合体育館駐車場特設会場にて、2018もせうし夏祭りが開催されました。
オープニングセレモニーで餅まきが行われた後、妹背牛中学校吹奏楽部による演奏、伝統あるもせうしこがね太鼓に天狗や獅子舞の演舞が披露され、ヨサコイ演舞では、妹背牛町と砂川市の合同チームの他、歌志内市や栗山町のチームの演舞も披露されました。また、恒例のバンドライブや歌謡ステージショーも行われ、会場は夏の楽しいひと時にたくさんの笑顔で溢れていました。また、会場内は数多くの出店が立ち並んでおり、JA青年部妹背牛支部の新鮮海産物等の格安販売は人気を博し、多くの方々が購入に訪れていました。

秩父別

第41回 秩父別とんでんまつり開催

2018年8月4日

8月4日、秩父別ふれあいプラザ周辺にて、第41回秩父別とんでんまつりが開催されました。
昼の部では、恒例の餅まきや子ども達に大人気の戦隊ヒーローショー、消防車やパトカー等働く車の車両展示などのイベントが行われた他、町内の飲食店や有志らによる出店販売も行われました。バブルスーツを装着して行われた競技「バブルロワイヤル」では子どもも大人も大奮闘。小さなお子さんが無邪気に一生懸命動き回る姿には声援が、ジワジワと近寄り妙な心理戦を仕掛けたり、息が上がってフラフラの大人達の姿には笑い声が起きていました。
夜の部では、ビールパーティーが行われ、歌手・秋元順子さんの歌謡ショーには熱心なファンの姿も。終日町内外から多くの方々が訪れ、大変な賑わいとなったお祭りの最後には、盛大に花火が打ち上げられ、たくさんの歓声の中、とんでんまつりが終了しました。

沼田

沼田年金友の会 上川・北見方面へ研修旅行!(会期:8月2・3日)

2018年8月3日

JA北いぶき沼田年金友の会(沼本拓也会長)の恒例行事である研修旅行が8月2・3日に実施され、94名の会員が参加しました。
今回の研修旅行先は温根湯温泉。道中、上川町「北の森ガーデン」で昼食を済ませた後、「銀河・流星の滝」に立ち寄り、日本の滝百選にも選ばれる名瀑の迫力を楽しみました。宿泊先の「温根湯ホテル四季平安の館」到着後は、ホテル自慢の温泉を早速堪能された方が多く見られ、こんこんと湧き上がる源泉100%の温泉で長旅の疲れを癒していました。翌日は日本初の滝つぼを見上げる水槽と、世界初の川が凍る水槽がある「北の大地の水族館」を見学。その後は、旭川市「男山酒造り資料館」を見学し、日本酒の試飲などを楽しみ、「旭川お城の鯉寿し」にて昼食を堪能した後は「道の駅あさひかわ」にて、旅の最後の買い物を楽しんで研修旅行を終えました。

共通

北いぶき産麦の集荷が行われています

2018年7月27日

7月27日より、妹背牛支所麦集荷調製施設、並びに、沼田支所麦集荷調製施設にて麦の集荷が行われています。より効率的な荷受に向け、秩父別地区生産者のご理解を頂いた上で、前年度から秩父別地区の麦は全量妹背牛支所麦集荷調製施設に出荷されています。
今年は6月の日照不足や7月の大雨等の影響で生育が遅れたことから、集荷も例年と比較しやや遅い開始。生産者の皆さんは待望の出荷に安堵の表情をうかべておりました。集荷は8月上旬頃まで行われる予定です。

共通

北いぶきメロン生産組合 目揃い会

2018年7月27日

北いぶきメロン生産組合(松永徹組合長)は7月27日、目揃い会を開催し生産者11名が出席しました。
松永組合長の挨拶後、JA職員より、現在の市場出荷や宅配注文の状況等について説明・報告が行われ、その後、この日に集荷された製品の規格や等級を全員で確認し、ネットの張り具合、玉の形や大きさ等について話し合いました。

12345...28Next »