文字の大きさ

沼田

沼田支所寿会 研修旅行

2019年7月9日

 沼田支所寿会(大西トシ子会長)は、7月8日・9日に札幌方面への研修旅行を開催し10名の会員が参加しました。
 1日目は小樽方面を視察。「かま栄」の工場を見学し、その後、「おたる水族館」では普段見ることがない種類の魚や変わった名前の魚などに参加者の皆さんは興味を持って見学されていました。
 2日目は、札幌の「百合が原公園」を見学しました。参加者のなかには花が好きな方が多く、たくさんの百合の花を前に笑顔が咲き、その後両手いっぱいにたくさんの種類の花を購入し楽しんでいる様子でした。午後からは赤れんが庁舎を視察し北海道の歴史に触れ、「勉強になった」との声があがりました。

共通

新規就農者激励会 開催

2019年6月24日

 6月27日、本所3階朝暘の間にて新規就農者激励会を開催しました。本年度は、秩父別地区8名、妹背牛地区3名、沼田地区2名の計13名が新たに就農し、新規就農者を代表して田丸雅統さん(秩父別地区・北新)が挨拶を述べました。
(写真前列が当日出席頂いた新規就農者の皆さんです。)

共通

コープさっぽろ「お米探検隊」草取り体験ツアー

2019年6月22日

 6月22日、田植え体験ツアーから約1か月、前回ツアーの参加者が再び妹背牛町を訪れ、コープさっぽろ「お米探検隊」草取り体験ツアーが開催されました。
 当日、北いぶき管内では久しぶりにまとまった雨が降り、あいにくの天候となってしまいましたが、田んぼでの雑草取りをしっかりと体験しました。
 作業後の昼食は、妹背牛町産米のななつぼしを使ったカレーライスといちごを堪能し、その後は参加者で作った「かかし」と一緒に記念撮影をしました。
9月の稲刈り体験ツアーが待ち遠しい様子でした。

共通

第3回現地研修会

2019年6月20日

 6月18日から20日までの3日間、各地区で第3回現地研修会が行われました。普及センターより水稲について、今年の順調な生育状況と共に、幼穂形成期の確認、冷害危険期の水管理の注意点が挙げられ、また、徐々に広まっている鎮圧育苗の普及に備え、普及実態と経過について説明されました。
 秋まき小麦、そば、大豆の畑作については、病害虫の防除や雑草対策について説明がされました。

共通

北いぶきシシトウ生産組合 目揃い会・現地研修会開催

2019年6月7日

北いぶきシシトウ生産組合(杉原憲行組合長)は6月7日、目揃い会並びに現地栽培講習会を開催。JA職員から出荷要領と出荷規格について、普及センター職員から農薬についての規制や害虫への対策など今後の栽培管理の注意点が説明されました。
今年は松本忠夫さん(妹背牛地区・妹背牛南)の圃場で栽培講習会を行い、生育状況の確認と共に参加者それぞれの温度管理やハウス内の設備について話し合われ、有意義な会となりました。

共通

「あぐり王国北海道NEXT」(HBC放送)で妹背牛地区の直播が取り上げられました

2019年6月1日

JAグループ北海道提供の番組「あぐり王国北海道NEXT」(HBCで毎週土曜日午後5時放送中)の撮影取材が、妹背牛町水稲直播研究会で会長を務める熊谷勝さん(妹背牛地区・妹背牛北)の圃場で行われました。北海道の米生産において「直播き」栽培が注目されているなか、その盛んな町として妹背牛町が取り上げられました。 なお、この日の様子は6月1日の番組で放映されました。

(撮影:左→北いぶき、右→HBC)

« Prev1...34567...29Next »