文字の大きさ

JA北いぶき青年部

青年部長よりご挨拶

JA北いぶき青年部

部長 神藤武志

第18回JA北いぶき青年部通常総会において、私が部長の大役を預かる事となり、大変光栄であると共にその責務に重責を感じている次第であります。またこの様な職務を務められるのも、諸先輩方、各関係機関、関係団体の皆様のご指導、ご協力のおかげであり、皆様に感謝致しますと共に、この場をお借り致しまして厚く御礼申し上げます。

昨年を振り返りますと、少雪により融雪が進み春作業は順調に進みました。しかし、6月以降雨は比較的降ったものの若干の干ばつ傾向で、気象変化の極端な年となりました。このような気象条件があったものの、基幹作物である水稲においては北空知作況指数「107」、低タンパク比も高く平年作以上の結果で、生産者としては豊作を実感できる年となりました。

農業情勢におきましては、やはり新型コロナウイルスの影響が大きい年となり、それに伴い外出自粛等で外食産業・観光業の停滞が起こり、農畜産物の需要が減退し価格の低下を招く年となりました。更には、アメリカ大統領選が泥沼化し日本とアメリカとの間で交わした貿易協定が不透明となり、方向性が見通せなくなった状況と考えます。

このように、我々農業者が置かれている環境は急激に変わる可能性がある中、消費者に安心・安全な農畜産物を安定供給すると共に、地域社会を支える基幹産業の担い手として農地が持つ機能を維持していき、地域農業を守り未来に繋げていかなければならないと考えます。

JA北いぶき青年部が設立され18年が経過しております。また、来年は設立20年という節目を迎えます。今一度、我々が行っている組織活動と向き合い、より良い組織づくりに取り組み、未来の青年部へ繋げていきたいと思います。今後とも我々JA北いぶき青年部の活動に対しまして、より一層の変わらぬご指導、ご鞭撻をお願い申し上げまして、就任のご挨拶とさせて頂きます。

JA北いぶき青年部組織概要

部員数  116名 (令和3年1月12日現在)

支部数 3支部

役員数 9名

専門委員会 事業専門委員会、広報専門員会

組織体系

JA北いぶき青年部

支部長 神藤 武志
(33名)

支部長 石井 裕士
(36名)

支部長 黒田 直樹
(47名)

事業内容

農業協同組合の本質に関する研究

農業協同組合の運営に関する研究・推進

農業経営・問題に関する調査研究及び建議・実践

生活文化に関する研究と実践

青年部役員

部長 神藤 武志(妹背牛)
副部長 石井 裕士(秩父別)
黒田 直樹(沼 田)
理事 長谷 修幸(妹背牛)
楠本  学(秩父別)
土田 翔平(沼 田)
代表監事 佐藤 宏樹(秩父別)
監事 日裏 健二(妹背牛)
林  徳彰(沼 田)