文字の大きさ

沼田

沼田小学校 稲刈り体験学習

2016年9月27日

9月27日、沼田小学校の5年生児童23名が町内の水稲生産者圃場にて稲刈り体験学習を行いました。
これは沼田小学校の食育に係わる授業の一環として行われているもので、5月には同圃場で田植え体験学習を行っています。
圃場に集合した児童たちは、JA職員から鎌の扱い方などの説明を受けた後、すぐに稲刈りを開始。中腰での作業が続いたため、後半は少し疲れた様子も見えましたが、全員で協力しながら約1時間程で稲刈り作業を終えました。
その後は小学校へ戻り、校舎の一角にて刈った稲穂のはさがけ作業をJA職員らと共に行いました。

共通

平成28年産米の集荷スタート! 3地区のCE施設が稼働を開始しました!

2016年9月23日

9月23日にJA北いぶき3地区のCE施設(米穀乾燥調製貯蔵施設)が稼働を開始し、平成28年産米の集荷業務がスタートしました。
北空知の作況指数は「102(9月15日現在・北海道農政事務所発表)」となっており、今年も収量が期待できそうです。
CE施設に集められたお米は、乾燥・籾摺りなどの幾つもの工程と「安心・安全」の為の厳しい検査と管理を経て、全国各地の消費者の皆さんへ届けられます。

沼田

馬鈴薯の選果・出荷作業が最盛期 今年も良品質の馬鈴薯です!

2016年9月21日

平成28年産の北いぶき産馬鈴薯の選果作業が9月初旬より始まりました。
8月下旬に上陸した台風により馬鈴薯への影響が心配されておりましたが、収量・品質ともに全く問題なく収穫することができました。
生産者の皆さんが丹精込めて育てた馬鈴薯は、厳しい選果を経て、名古屋・大阪方面を中心に出荷されております。

妹背牛

コープさっぽろ『お米探検隊』稲刈りツアー開催 お米とおイモをたくさん獲ったよ!

2016年9月17日

9月17日、妹背牛支所ふれあい農園において、コープさっぽろ『お米探検隊』稲刈りツアーが開催され、田植え体験・草取り体験に引き続き、今回のツアーには48名のコープさっぽろ組合員家族とスタッフ、関係者らが参加しました。
開催にあたり、JA中谷上席理事から歓迎挨拶が行われた後、妹背牛町の佐藤技師より、鎌を使用した稲刈りや刈り取った稲の束ね方の指導を受けて、いざ作業開始。青年部や女性部・フレッシュミズの皆さんのサポートを受けながら次々と稲刈り・はさがけを行い、無事に作業を終えました。
その後は、サツマイモ、ジャガイモの収穫体験が行われ、掘っても掘っても出てくるジャガイモに大人も子どもも大興奮。両手いっぱいになるほど収穫することができました。
昼食では、ふれあい農園にて収穫した新米「ななつぼし」に舌鼓を打ち、午後からは米の脱穀・精米体験や豆腐作り見学などを楽しんで、最後に、農産物直売所で買い物をして今年の『お米探検隊』産地交流会が終了しました。

共通

第4回現地研修会開催 稲刈りまでもう間もなく!水稲の適期刈り取り判定会が行われました(会期:9月12・13・15日)

2016年9月12日

第4回現地研修会が9月12日に妹背牛地区、同13日に沼田地区、同15日に秩父別地区において開催され、水稲の適期刈り取り判定会及び講習会が行われました。
刈り取り判定会では、水稲生産者の皆さんが品種・圃場ごとに刈り取った稲や籾を持って集まり、JA職員や普及センター職員とともに登熟状況を確認。刈り取り適期を判断し、それぞれの刈り取り日を決定しました。稲刈り作業は9月下旬に最盛期を迎えます。

共通

第66回北海道社会福祉大会にてJA北いぶきが表彰されました

2016年9月7日

9月7日、札幌市教育文化会館にて第66回北海道社会福祉大会が開催され、JA北いぶきが北海道共同募金会長表彰の「共同募金運動高額寄付者」として表彰されました。
これは、永年にわたり国民助け合い共同募金運動に寄付をし、社会福祉に寄与した功績が顕著であったため表彰されたもの。
当日は北海道知事表彰、北海道社会福祉協議会長表彰も行われ、多くの受賞者や関係者が見守る中、JA篠田組合長が登壇し、(福)北海道共同募金会の中井会長より表彰状と記念品が手渡されました。

12Next »