文字の大きさ

妹背牛

妹背牛町花生産組合 反省会・講習会 開催

2019年12月20日

令和元年12月20日、妹背牛町花生産組合(田村昌之組合長)は妹背牛支所3階大ホールにて、反省会並びに講習会を開催しました。
 来賓挨拶では、普及センター大平普及員より、「生産者同士の情報交換は、収量の増加、コスト削減に影響を与えているため、積極的に相談をして頂きたい」と、情報交換の重要性を語られました。
 その後の反省会では、滞りなく全ての議案が承認され、講習会でNOSAI道央北空知支所の松平課長補佐より収入保険制度について、普及センター高橋普及員より融雪についてそれぞれ説明されました。

共通

JA北いぶきブロッコリー生産組合 通常総会 開催

2019年12月20日

令和元年12月20日、ブロッコリー生産組合(山森聡組合長)は秩父別温泉ゆう&ゆにて、通常総会を開催しました。
 山森組合長挨拶後、議事は滞りなく進行し、全て承認を得ました。その後、令和元年度の日別受入数量を気象経過とともに振り返り、取扱実績からは次年度の生産目標を1億2000万円と設定しました。
共励会受賞者(1000ケース以上の出荷且つ特秀品率が高かった方)として(株)にしや、山森聡さん、谷水敏和さん、宮田茂樹さん、宮西貴志さん、特別賞として真島秀樹さん、北守智彦さんが表彰されました。また出荷奨励対策については植田孝典さん、宮森康彰さん、山森聡さんが達成されました。

共通

JA北いぶきシシトウ生産組合 通常総会 開催

2019年12月19日

令和元年12月19日、シシトウ生産組合(杉原憲行組合長)は妹背牛支所3階和室にて通常総会を開催しました。
 総会では収支決算、事業について報告。次年度の計画や予算案、会費の賦課徴収、役員改選について等の議事が行われ、全て滞りなく承認されました。
 続いて、令和元年度のシシトウ生産における反省を行いました。1年の気象経過とともにシシトウの生育を振り返り、追肥のタイミングや防除、「スパイカル」、「スワルスキー」といった生物農薬使用の際のコツなど、生産者の皆さんと普及センター志和普及員が情報交換を行い、次年度に向けての対策を練りました。

共通

JA北いぶき蔬菜類生産組合 通常総会 開催

2019年12月17日

令和元年12月17日、北いぶき蔬菜類生産組合(真島秀樹組合長)は秩父別温泉ゆう&ゆにて通常総会を開催しました。
 真島組合長の挨拶では、ミニトマトの生産者が2名加入したことについて、「生産者が減る一方のなか、2名も加入して頂けて、大変嬉しい」と、喜びを表しました。さらに11月の視察研修が好評だったため、今後も積極的に実施していきたい、とその意思を伝えました。
その後、来賓の普及センター志和普及員より令和元年の気象経過とともに生産物の経過を振り返って頂き、その後は議事へ。滞りなく全ての議案が承認され令和元年度通常総会を終了しました。

共通

佐藤忠美さんが令和元年安孫子賞を受賞しました!

2019年12月16日

 12月16日に札幌市内のホテルにて贈呈式が開催され、佐藤忠美さんは、水稲移植・湛水直播と小麦の輪作体系、水稲のクリーン米生産に取り組み、高い収量性と省力化を実現されたこと。妹背牛町での湛水直播栽培の普及に携わったことや先進的農業機械を共同利用する農作業受託組織に積極的に参画し、地域農業の振興に大きく貢献された功績を讃えられ表彰されました。

沼田

花卉生産組合秩父別支部 通常総会 開催

2019年12月16日

 令和元年12月6日、花卉生産組合秩父別支部(我部山豊春支部長)は秩父別温泉ゆう&ゆにて令和元年度通常総会を開催しました。
 販売実績については、平成30年度よりやや単価が低かったものの前年を上回る販売実績となりました。その後議事に入り、事業報告では、とんでんまつりや新米普及マラソン大会といった支部での農産物の販売をはじめ、元気村花き生産組合での組合員交流会、部会合同反省会など活動が報告されました。その他、議案もすべて承認を受け、滞りなく総会を終了しました。

12Next »