文字の大きさ

共通

今年のお米づくりも田植えを迎えました

2020年5月29日

 JA北いぶき管内では4月上旬頃の水稲播種作業に始まり、5月上旬頃からは圃場の耕起・代掻きと農作業が進められています。5月中旬頃から徐々に田植え作業が始まり、すくすくと育った苗が次々と水田に植えられています。写真は秩父別地区での水稲播種作業、妹背牛地区での代掻き作業、沼田地区での田植え作業です。これからは徹底した水管理がおこなわれ、稲穂になります。秋の収穫が待ち遠しいです。

共通

営農組合員へマスクを配付しました

2020年5月7日

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、正組合員世帯483戸へ50枚入りマスク1箱を配付しました。
写真は5月7日にJA篠田組合長が岡部博さん(妹背牛地区)宅へマスクを配付した様子。篠田組合長は「マスクの配付が組合員の生活・営農を守る一助となり、皆さんで出来秋を喜びたい」と、語られました。配付に対し、岡部さんから「集会等の中止で、農家同士での情報交換ができず不安を感じていましたが、JA組織がこうした活動を行ってくれることはとても嬉しいです」と言葉を頂きました。
 また、JA北いぶきでは全職員へのマスク配付や安心してJA事業をご利用いただくため、金融共済店舗・生産資材事務所等の窓口に飛沫防止スクリーンの設置など、感染防止を行っている場合がありますのでご了承願います。