文字の大きさ

共通

第3回現地研修会

2019年6月20日

 6月18日から20日までの3日間、各地区で第3回現地研修会が行われました。普及センターより水稲について、今年の順調な生育状況と共に、幼穂形成期の確認、冷害危険期の水管理の注意点が挙げられ、また、徐々に広まっている鎮圧育苗の普及に備え、普及実態と経過について説明されました。
 秋まき小麦、そば、大豆の畑作については、病害虫の防除や雑草対策について説明がされました。

共通

北いぶきシシトウ生産組合 目揃い会・現地研修会開催

2019年6月7日

北いぶきシシトウ生産組合(杉原憲行組合長)は6月7日、目揃い会並びに現地栽培講習会を開催。JA職員から出荷要領と出荷規格について、普及センター職員から農薬についての規制や害虫への対策など今後の栽培管理の注意点が説明されました。
今年は松本忠夫さん(妹背牛地区・妹背牛南)の圃場で栽培講習会を行い、生育状況の確認と共に参加者それぞれの温度管理やハウス内の設備について話し合われ、有意義な会となりました。

共通

「あぐり王国北海道NEXT」(HBC放送)で妹背牛地区の直播が取り上げられました

2019年6月1日

JAグループ北海道提供の番組「あぐり王国北海道NEXT」(HBCで毎週土曜日午後5時放送中)の撮影取材が、妹背牛町水稲直播研究会で会長を務める熊谷勝さん(妹背牛地区・妹背牛北)の圃場で行われました。北海道の米生産において「直播き」栽培が注目されているなか、その盛んな町として妹背牛町が取り上げられました。 なお、この日の様子は6月1日の番組で放映されました。

(撮影:左→北いぶき、右→HBC)

共通

新採用職員農家実習

2019年5月31日

JA北いぶきでは本年度採用職員を対象に組合員さんご協力のもと、農家実習を行いました。新採用職員に農家の実情を肌で感じ、より理解してもらうため組合員さんのお宅で田植えを中心とした農作業の経験をさせて頂くもので、例年実施させていただいております。受け入れにご協力頂いた組合員の皆様に改めて感謝申し上げます。新採用職員一同、JA職員として皆様のご期待に応えられるよう努めて参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

沼田

沼田小学校田植え体験学習

2019年5月20日

沼田町内水稲生産者の圃場にて、沼田小学校の田植え体験学習が行われました。食育に係わる授業の一環として例年実施しており、秋には稲刈りも行われています。JA職員から苗の植え方の説明を受けると早速、田植え作業が始まりました。いざ田んぼの中に足を入れるとその冷たさと感触にあちらこちらで「キャーキャー」と声が響いていました。泥だらけになりながらもみんなで楽しみながら無事に植え終えることができました。

沼田

コープさっぽろ「お米探検隊」田植え体験ツアー開催

2019年5月18日

5月18日、コープさっぽろ「お米探検隊」田植え体験ツアーが妹背牛支所ふれあい農園にて行われました。
妹背牛町の佐藤技師から手植えの手順や注意点などの説明を受け田植えをスタートすると、参加した子供たちは服が汚れるのも気にせず熱中していました。作業終了後は参加者と職員が輪を囲みながら、ジンギスカンと共に炊きたての妹背牛町産「ななつぼし」を堪能しました。

« Prev12345...28Next »