文字の大きさ

共通

第2回WOMEN’Sカレッジ開講 米粉を使ったクリスマスケーキに挑戦!

2016年12月12日

12月12日、妹背牛町農産加工センターにて第2回WOMEN’Sカレッジが開講され、5名が参加しました。
今回の研修は、米粉を使ったクリスマスケーキ製作ということで、㈲ほんだ菓子司より本田啓輔専務取締役を講師にお招きしました。
お菓子作りのプロから直接教えて頂けるとあって、皆さん研修を楽しみにしていた様子。準備を済ませ早速ケーキ作りに入りました。ハンドミキサーで卵を撹拌させた後、砂糖・米粉・バターを順に投入し、更に撹拌させて型枠に流し込みます。生地の焼き上がりには時間がかかるため、この日は事前に生地を用意。本田氏のお手本を見たりしながら、生クリームとイチゴをデコレーションし、無事にクリスマスケーキを完成させました。
研修中は皆さん笑顔で、仲間とのケーキ作りをとても楽しんでいる様子で、作ったケーキ等は各家庭に持ち帰り、家族と美味しく頂きました。

妹背牛

妹背牛 花き生産組合妹背牛支部 講習会・通常総会開催 厳しい一年も3億円突破!来年も花栽培に全力を尽くします!

2016年12月9日

花き生産組合妹背牛支部(田村昌之支部長)は12月9日、妹背牛支所3階大ホールにて講習会並びに通常総会を開催し、生産者13名が出席しました。
講習会では、普及センターの橋本普及員を講師に招き、平成28年度の総括とひまわり・観賞用かぼちゃの栽培等について、また、水稲温床後のph調整について話して頂きました。
その後の総会では、田村支部長の挨拶、来賓祝辞を経て議事に入り、全議案が承認されました。販売実績においては、北空知広域連花きセンター職員から「天候不順や台風等が大きく影響し厳しい一年でしたが、販売金額3億円を超えたのは生産者の日々の努力と技術の積み重ねの結果です。今後も頑張っていきましょう」との報告がされ、最後に、生産者一同、今後も花栽培に傾注し技術の研鑽を続けていくことを確認し、総会が終了しました。

秩父別

花き生産組合秩父別支部 通常総会開催 新たな仲間を加え販売金額増を目指します!

2016年12月7日

花き生産組合秩父別支部(山田康文支部長)は12月7日、秩父別温泉ゆう&ゆにて通常総会を開催し、生産者17名が出席しました。
開催にあたり、山田支部長はこの一年を振り返り「春先からの単価安、そして、天候不順や台風の影響もあり生産者にとって厳しい一年でしたが、皆さんの努力で販売金額は一昨年並となりました。次年度は生産者が増えるので、販売金額の底上げに向けて一緒に頑張りましょう」と挨拶されました。
続けて、JA篠田組合長、石田北育ち元気村花き生産組合長より祝辞が述べられ、その後、北空知広域連花きセンター職員から販売実績、普及センターの橋本普及員から昨年の気象経過と花きの生育状況がそれぞれ報告されました。議事では、平成28年度収支決算など全ての議案が承認され、総会が終了しました。

共通

北いぶきシシトウ生産組合 通常総会・反省会開催 基本技術を見直して悪天候に負けない栽培を!

2016年12月7日

北いぶきシシトウ生産組合(杉原憲行組合長)は12月7日、妹背牛支所3階和室にて通常総会並びに反省会を開催し、生産者8名が出席しました。
杉原組合長の挨拶と来賓祝辞後、議事に入り、平成28年度事業報告・収支決算など全ての議案が承認されました。JA職員からの販売実績報告では「昨年と比べ収量は微増となりましたが、不安定な天候が影響して規格外品も多くなってしまい、単価は夏以降伸び悩みました。結果として、収量・販売金額は昨年を上回ったものの厳しい年となりました」との説明がありました。
総会後は平成28年度の反省会が行われ、普及センターの橋本普及員を講師に、通年で安定して栽培ができるよう今一度基本技術を見直し、病害虫防除や栽培方法について全員で再確認を行いました。

共通

冬期地区別農事組合別懇談会・女性部との懇談会開催(会期:12月1~3・5日)

2016年12月1日

12月1~3・5日、秩父別・妹背牛・沼田各地区の農事組合並びに女性部を対象とした懇談会が開催されました。
懇談会では、平成28年産農畜産物に係わる販売や精算についての他、女性部・フレッシュミズの加入推進、JA北いぶき担い手づくり事業、女性正組合員の加入推進、平成28年度JA北いぶき満足度調査の実施など、多岐に亘ってご報告・ご説明をさせて頂きました。
参加して頂いた組合員、女性部員の皆様からは、数多くの貴重なご意見やご要望、ご質問をして頂きました。JAではこれらの声に対し、慎重審議を重ね、事業運営に反映をさせるべく、最善の努力を尽くして参ります。

共通

農事組合長会 視察研修実施(会期:11月8~11日)

2016年11月8日

11月8日から11日にかけて、JA北いぶき農事組合長会(齊藤吉仁会長)の視察研修が実施されました。
今年の視察先は台湾で、台北市濱江市場内を視察しました。日本の市場と変わらない比較的清潔な市場内で、南国ならではの野菜・果実を目の当たりにし、気候風土が変われば食するものも変わると実感しました。
また、台北市内においては、世界三大博物館のひとつである故宮博物院などを見学し、台湾の歴史・文化を学び、さらに台湾の最北である野隆・北海岸公園では台湾の地理や自然について学びました。
懇親の場では、日頃の農作業などの苦労話や、今年の出来秋、来年の作付についてなど様々な意見が交わされ、地域の垣根を越えた、一体感のある場となりました。

« Prev1...242526272829Next »