文字の大きさ

共通

新米試食会開催 「ゆめぴりか」が高評価でした

2016年10月19日

10月19日、本所2階小会議室にてJA役員と部長・支所長らによる新米試食会が行われ、JA北いぶき産「ゆめぴりか」「ななつぼし」「きらら3397」と山形県産「つや姫」、新潟県産「コシヒカリ」の全5品種の新米を食べ比べました。
判定には、外観・香り・味・粘り・硬さの5項目が掲げられ、JA役員と部長・支所長らは真剣な様子で、新米の香りを嗅いだり試食を繰り返したりしていました。
それぞれの判定項目を数値化し集計した結果、「ゆめぴりか」が「コシヒカリ」を抑え「つや姫」と並び高評価を得ました。

共通

2016もせうし収穫感謝祭 たくさんの催しで賑わいました!

2016年10月8日

10月8日、妹背牛町農産物直売所と町内中心部にて、妹背牛町農業振興推進協議会と妹背牛商工会主催による「2016もせうし収穫感謝祭」が行われました。
開会式後、寺崎妹背牛町長、JA篠田組合長、JA中谷上席理事らによる恒例の餅まきが開催。たくさんの方々が参加され、大賑わいとなりました。
直売所前には、安くて新鮮な農産物を買い求めるお客さんで長蛇の列ができており、併せて行われた宝引き大会に参加した皆さんは景品の農産物詰め合わせを受け取りとても嬉しそうな様子でした。
午後から開催された「創作かかし大会」では、本通りに飾られた様々なかかしを審査しながら、各出店を楽しむ町民の姿が多く見られ、JA北いぶきからは、妹背牛支所、妹背牛支部の青年部・女性部・フレッシュミズがそれぞれ出展。審査の結果、女性部が優秀賞、妹背牛支所・青年部・フレッシュミズが努力賞を受賞しました。

共通

第5回秩父別産新米普及マラソン大会開催

2016年10月2日

10月2日、第5回秩父別産新米普及マラソン大会がローズガーデンちっぷべつ及びその周辺にて開催され、道内外から約860名のランナーが参加しました。
同大会は、参加者の健康増進と相互の親睦を深めるとともに、秩父別産「ゆめぴりか」の新米を広く周知することを目的として行われており、参加者には新米「ゆめぴりか」2㎏や町の特産品、温泉入浴券などが手渡される他、入賞者には新米「ゆめぴりか」60㎏などが贈られます。
当日はやや風が強かったものの、秋晴れの下で参加者の皆さんは優勝や自己ベストを目指しながら、秩父別町の秋の景観を楽しんで走っていました。
親子ペアの部では仲良く手をつないで走る親子やお父さん・お母さんがぐずる子どもをあやしながら走る場面もあり、大変微笑ましい光景が多く見られました。
大会後は豪華景品が当たる抽選会が行われ、抽選番号が呼ばれる度に参加者から大きな歓声が上がるなど、最後まで大会を楽しんでいる様子でした。

沼田

沼田小学校 稲刈り体験学習

2016年9月27日

9月27日、沼田小学校の5年生児童23名が町内の水稲生産者圃場にて稲刈り体験学習を行いました。
これは沼田小学校の食育に係わる授業の一環として行われているもので、5月には同圃場で田植え体験学習を行っています。
圃場に集合した児童たちは、JA職員から鎌の扱い方などの説明を受けた後、すぐに稲刈りを開始。中腰での作業が続いたため、後半は少し疲れた様子も見えましたが、全員で協力しながら約1時間程で稲刈り作業を終えました。
その後は小学校へ戻り、校舎の一角にて刈った稲穂のはさがけ作業をJA職員らと共に行いました。

共通

平成28年産米の集荷スタート! 3地区のCE施設が稼働を開始しました!

2016年9月23日

9月23日にJA北いぶき3地区のCE施設(米穀乾燥調製貯蔵施設)が稼働を開始し、平成28年産米の集荷業務がスタートしました。
北空知の作況指数は「102(9月15日現在・北海道農政事務所発表)」となっており、今年も収量が期待できそうです。
CE施設に集められたお米は、乾燥・籾摺りなどの幾つもの工程と「安心・安全」の為の厳しい検査と管理を経て、全国各地の消費者の皆さんへ届けられます。

沼田

馬鈴薯の選果・出荷作業が最盛期 今年も良品質の馬鈴薯です!

2016年9月21日

平成28年産の北いぶき産馬鈴薯の選果作業が9月初旬より始まりました。
8月下旬に上陸した台風により馬鈴薯への影響が心配されておりましたが、収量・品質ともに全く問題なく収穫することができました。
生産者の皆さんが丹精込めて育てた馬鈴薯は、厳しい選果を経て、名古屋・大阪方面を中心に出荷されております。

« Prev1...2021222324...26Next »