文字の大きさ

  • TOP
  • >北いぶきNEWS
  • >㈱佐藤農場(佐藤忠美代表取締役、妹背牛) が第47回日本農業賞「個別経営の部」大賞を受賞!家族経営での大規模水田農業の「到達地点」として高評価!

共通

㈱佐藤農場(佐藤忠美代表取締役、妹背牛) が第47回日本農業賞「個別経営の部」大賞を受賞!家族経営での大規模水田農業の「到達地点」として高評価!

2018年3月15日

1月31日にJA全中とNHKは第47回日本農業賞の受賞者・団体を発表し、妹背牛町の㈱佐藤農場(佐藤忠美代表取締役)が「個別経営の部」で見事大賞を受賞しました。
日本農業賞は、JA全中、JA都道府県中央会、NHKが主催。日本農業の確立を目指し、意欲的に経営や技術の改革と発展に取り組み、地域社会の発展に貢献している農業者と営農集団を表彰しており、また、食と農との距離を縮める個人や集団組織の取り組みを「食の架け橋の部」として表彰しています。
今回の「個別経営の部」応募件数は91件あり、そのうち大賞は3件。㈱佐藤農場の受賞理由は、水稲の移植栽培に加え直播栽培を導入し、一俵あたり全算入生産費を約9,000円という低コスト化と省力化を実現したこと。家族経営での大規模水田農業の「到達地点」として高い評価を受けました。
3月10日には、東京都内のNHKホールにて大賞・特別賞の表彰式が盛大に開催され、関係者が多数出席する中、満場の拍手で大賞受賞の祝福を受けました。また、佐藤代表は15日に本所を訪れ、JA篠田組合長に改めて大賞受賞の喜びをご報告されました。
㈱佐藤農場の皆さん、この度は誠におめでとうございました。(第47回日本農業賞の写真はJA全中提供)