文字の大きさ

青年部活動報告

秩父別

青年部秩父別支部 現地視察 近年の農業研究を学ぶ

2016年6月10日

青年部秩父別支部(土井陽平支部長)は6月10日、(地独)北海道立総合研究機構農業研究本部・上川農業試験場への現地視察を実施し、盟友16名が参加しました。
最初に視察したのは、畑作園芸作物に関する試験地で、主に南瓜、小麦、大豆の調査・試験を行っていました。次に視察したのは水稲栽培に関する試験地で、寒さに強い苗や、低温でも苗立ちの良い直播向きの苗の選抜、また、いもち病など様々な病気への抵抗性の検定を行っていました。
土井支部長は「今回知り得た農業情勢や技術などを、今後の経営に活かし向上していきたい」と話し、現地視察が終了しました。

秩父別

青年部秩父別支部 皆で楽しく春の農作業!中学校グラウンドに融雪剤散布!

2016年3月26日

3月26日、青年部秩父別支部(土井陽平支部長)は地域貢献の一環として秩父別町立秩父別中学校にてグラウンドの融雪剤散布事業を実施しました。
当日は生徒6名と教員2名、盟友13名が参加。好天が続いていたこともあり、グラウンドは雪にぬかりやすい状況でしたが、支部理事の戸村哲也さん(北新)のスムーズな進行のもと、4班体制に分かれ作業を進めました。
盟友各自が持参した作業運搬用の特大のソリとスコップを用い、約1時間かけて丁寧に融雪剤を散布した後は、校内の教室をお借りしてお弁当を頂き、生徒らとともに疲れを癒しました。

共通

北いぶき青年部 スノーメッセージ制作 「安心・安全」を雪面に描きPR

2016年3月6日

北いぶき青年部(鵜飼辰徳部長)は3月6日、秩父別町の国道233号線沿いの雪面にて、盟友41名が参加しスノーメッセージ制作を行いました。
今年は、各支部より意見を出し合い考案した『安心してください、安全ですよ』というメッセージ。今話題の芸人のギャグをもじり、親しみやすく多くの消費者の皆様に「安心・安全」のPRをするべく制作に臨みました。
当日は、雨やみぞれが降るあいにくの天気ではありましたが、各グループに分かれ、軽く下書きをした雪面に融雪剤を混ぜた雪を盛っていき、最後にカラースプレーで縁取りを行いより見やすくなるよう制作。盟友同士の綿密な連携によりスノーメッセージが完成しました。

沼田

青年部沼田支部 視察研修実施 農機具メーカーの視察を行いました(会期:3月2・3日)

2016年3月2日

青年部沼田支部(中澤武彦支部長)は3月2・3日、由仁町と江別市への視察研修を実施し、23名の盟友が参加しました。 視察1ヵ所目は、由仁町にある北海道ニプロ株式会社を視察し、作業機のセルフメンテナンスや新製品の紹介を受けた後、工場見学をさせて頂きました。
視察2ヵ所目は、江別市にあるヤンマーアグリジャパン株式会社を視察。ここでは、敷地内に併設されている場所でのトラクター試乗の他、展示されている作業機の説明をして頂きました。

妹背牛

青年部妹背牛支部 スノーフェスティバル開催 多くの来場者で賑わいました

2016年2月28日

青年部妹背牛支部(鵜飼辰徳支部長)は2月28日、妹背牛町ふれあい農園周辺においてスノーフェスティバルを開催しました。
開会式の後、全員で集合写真を撮り、食育事業として実施している『お米ができるまで』のスライドショーを発表。多くの子どもたちや保護者に、美味しいお米ができるまでの農作業やその努力、また、「いただきます」や「ごちそうさま」の大切さについて理解を深めて頂きました。
昼食には地場産食材を使用したカレーライスを食べ、その後、モチつき体験とつきたてのおモチの試食を行いました。つきたてのおモチの味は格別ですぐに完食され、多くの皆さんから「美味しい」との声を聞くことができました。
最後に、スノーモービルやジャンボ滑り台、雪中宝探しなどのアトラクションで交流し、今回のスノーフェスティバルが終了しました。

共通

第13回 北いぶき青年部 通常総会開催 新部長に鵜飼辰徳氏(妹背牛)就任

2016年1月15日

1月15日、北いぶき青年部(藤村健一部長)は、妹背牛支所3階大ホールにて第13回通常総会を開催し、36名の盟友が出席しました。
藤村部長の挨拶後、永年青年部活動に尽力された盟友に対し、感謝状の贈呈が行われ、寺崎伊織さん(妹背牛)、原田章弘さん(秩父別)、渡邊大輔さん(沼田)の3名が表彰されました。
総会では、議長に岸上敏之さん(妹背牛)を選出。各委員会から平成27年度の活動・事業報告が行われた他、収支決算報告や収支予算案等の議案提出がなされ、いずれの議案についても承認がされました。
総会終了後は同会場で懇親会が行われ、支部ごとの分け隔てなく、これからの青年部の在り方について語ったり、また、目まぐるしく変わる農業情勢について意見交換を行ったりしながら、より一層の親睦を深めました。

« Prev12345