文字の大きさ

青年部活動報告

妹背牛

青年部妹背牛支部 第40回豊年祈願焼肉祭り開催

2016年7月9日

7月9日、妹背牛支所裏駐車場において青年部妹背牛支部(鵜飼辰徳支部長)主催の「豊年祈願焼肉祭り」が開催されました。
第40回目という節目を迎える今回は、妹背牛町農協青年部歴代部長会とJA北いぶきが協賛となり開催。例年以上に来場者の皆さんに喜んで頂けるよう、来場者全員への粗品進呈、およそ120本の豪華景品、フィナーレを飾る打ち上げ花火を用意しました。
会場は1,000人近い来場者で埋め尽くされ、各出店に長蛇の列ができる中、鵜飼支部長の挨拶で焼肉祭りがスタート。盛り上げ役である司会は、岸上敏之さん(妹背牛北)と日裏健二さん(同)が務めました。
各出店を紹介した後は、景品盛りだくさんの抽選会を行い、最後に、実行委員長を務めた渡会慎一郎さん(妹背牛北)より閉会の挨拶と三本締めが行われ焼肉祭りが閉会しました。

共通

第40回 青年部北ブロック球技大会開催 北いぶき3支部が大会を席巻!沼田支部が2連覇達成!

2016年6月24日

6月24日、JA空知青年部連合会北ブロック主催の第40回球技大会が深川市石狩川緑地球場で開催され、同北ブロックに所属するJA青年部等全12チームがソフトボールで対決、たくさんの好ゲームが繰り広げられました。
北いぶき各支部においては、昨年優勝の沼田支部が今年も本戦優勝を果たし見事2連覇を達成。秩父別支部は沼田支部に敗れ、惜しくも本線準優勝。妹背牛支部は初戦で敗れはしたものの、その後の敗者復活戦を勝ち上がり、復活戦優勝を成し遂げました。
大会後は、北空知広域連花卉センターにて表彰式・懇親会が行われ、大会を振り返りながら北いぶき以外の盟友とも懇親を深めました。

共通

北いぶき青年部『青年部の日』大運動会開催 JA職員と楽しく交流しました

2016年6月18日

北いぶき青年部(鵜飼辰徳部長)は6月18日、秩父別町ファミリースポーツセンターにて『青年部の日』大運動会を開催し、青年部盟友とJA職員を併せ、84名が参加しました。
全員で準備体操を行った後、参加者を4チームに分け、チームごとに自己紹介をしてから競技に入りました。
最初に行ったのは玉入れ。従来の玉だけでなく、ビニールハウスで使用するパッカーなども玉代わりに用いて行われ、続けて行われた綱引きと長縄跳びでは、体力を使う競技に皆さん息を切らしながらも、とても楽しそうな様子でした。
最後に行われた、スキップや2人3脚、馬跳びなどを盛り込んだリレー競争では、この日一番の盛り上がりを見せ、会場はたくさんの声援と笑い声で溢れました。
競技後は、同町ふれあいプラザに移動し、焼肉を囲んでの懇親会を開催。順位発表の他、毎年恒例のビンゴ大会も催され、盛会のうちに終了しました。

秩父別

青年部秩父別支部 現地視察 近年の農業研究を学ぶ

2016年6月10日

青年部秩父別支部(土井陽平支部長)は6月10日、(地独)北海道立総合研究機構農業研究本部・上川農業試験場への現地視察を実施し、盟友16名が参加しました。
最初に視察したのは、畑作園芸作物に関する試験地で、主に南瓜、小麦、大豆の調査・試験を行っていました。次に視察したのは水稲栽培に関する試験地で、寒さに強い苗や、低温でも苗立ちの良い直播向きの苗の選抜、また、いもち病など様々な病気への抵抗性の検定を行っていました。
土井支部長は「今回知り得た農業情勢や技術などを、今後の経営に活かし向上していきたい」と話し、現地視察が終了しました。

秩父別

青年部秩父別支部 皆で楽しく春の農作業!中学校グラウンドに融雪剤散布!

2016年3月26日

3月26日、青年部秩父別支部(土井陽平支部長)は地域貢献の一環として秩父別町立秩父別中学校にてグラウンドの融雪剤散布事業を実施しました。
当日は生徒6名と教員2名、盟友13名が参加。好天が続いていたこともあり、グラウンドは雪にぬかりやすい状況でしたが、支部理事の戸村哲也さん(北新)のスムーズな進行のもと、4班体制に分かれ作業を進めました。
盟友各自が持参した作業運搬用の特大のソリとスコップを用い、約1時間かけて丁寧に融雪剤を散布した後は、校内の教室をお借りしてお弁当を頂き、生徒らとともに疲れを癒しました。

共通

北いぶき青年部 スノーメッセージ制作 「安心・安全」を雪面に描きPR

2016年3月6日

北いぶき青年部(鵜飼辰徳部長)は3月6日、秩父別町の国道233号線沿いの雪面にて、盟友41名が参加しスノーメッセージ制作を行いました。
今年は、各支部より意見を出し合い考案した『安心してください、安全ですよ』というメッセージ。今話題の芸人のギャグをもじり、親しみやすく多くの消費者の皆様に「安心・安全」のPRをするべく制作に臨みました。
当日は、雨やみぞれが降るあいにくの天気ではありましたが、各グループに分かれ、軽く下書きをした雪面に融雪剤を混ぜた雪を盛っていき、最後にカラースプレーで縁取りを行いより見やすくなるよう制作。盟友同士の綿密な連携によりスノーメッセージが完成しました。

« Prev123456Next »