文字の大きさ

青年部活動報告 (アーカイブ:2017年7月)

共通

JA北いぶき青年部 現地視察・学習会及びJA役員との意見交換会開催

2017年7月14日

JA北いぶき青年部(渡会慎一郎部長)は7月14日、現地視察・学習会及びJA役員との意見交換会を開催し、盟友64名が参加しました。
現地視察・学習会では、沼田町スノークールライスファクトリーを訪れ、JA販売課職員による運営の仕方や施設概要の説明を受けながら、施設内や倉庫等を視察しました。
その後、本所で行われたJA役員との意見交換会は、盟友を3グループに分け、各グループにJA側から篠田組合長、黒田専務と中谷上席理事、澤田常務と笹木常監が参加するという形でスタート。「今後の農協運営について」、「営農活動の現場における疑問や改善点」、「農産物の販路における現状と今後の方針について」をそれぞれの主題として、米の直接支払交付金や労働力の確保に係わる要望、米の海外輸出や海外農業事情に関する質問など、盟友からは多くの意見・要望等が出され、非常に有意義な時間となりました。

秩父別

青年部秩父別支部 視察研修実施 最新の研究と技術に触れてきました(会期:7月4・5日)

2017年7月4日

青年部秩父別支部(藤原幹也支部長)は7月4・5日、十勝方面への視察研修を実施し、盟友15名が参加しました。
最初に訪れたのは十勝農業試験場で、4つある研究グループのうち、今回は豆類グループと地域技術グループの2ヵ所で研究内容を学ばせて頂きました。
翌日は、産業用ドローン等を扱っている㈱AIRSTAGEを訪問。ここでは、室内でのフライト体験をさせて頂きました。また、自律散布システムやレーダー感知システム等最先端技術を搭載・採用した、開発中のドローンの話などもして頂き、盟友達は興味津々に話に聞き入っていました。