文字の大きさ

青年部活動報告

秩父別

青年部秩父別支部 青年部研修会開催 経営の把握と向上のため簿記記帳と税申告を学ぶ

2017年8月21日

青年部秩父別支部(藤原幹也支部長)は8月21日、本所3階中会議室にて青年部研修会を開催し、盟友15名が参加しました。
今年は秩父別農民協議会(田中康雄委員長)の方々を講師にお招きし、簿記記帳や税申告について学びました。研修会では、簿記記帳の意味や青色申告のメリット・デメリット等を丁寧に分かりやすく説明して頂き、盟友からは様々な質問が挙がり、非常に有意義な研修会となりました。

共通

JA北いぶき青年部 現地視察・学習会及びJA役員との意見交換会開催

2017年7月14日

JA北いぶき青年部(渡会慎一郎部長)は7月14日、現地視察・学習会及びJA役員との意見交換会を開催し、盟友64名が参加しました。
現地視察・学習会では、沼田町スノークールライスファクトリーを訪れ、JA販売課職員による運営の仕方や施設概要の説明を受けながら、施設内や倉庫等を視察しました。
その後、本所で行われたJA役員との意見交換会は、盟友を3グループに分け、各グループにJA側から篠田組合長、黒田専務と中谷上席理事、澤田常務と笹木常監が参加するという形でスタート。「今後の農協運営について」、「営農活動の現場における疑問や改善点」、「農産物の販路における現状と今後の方針について」をそれぞれの主題として、米の直接支払交付金や労働力の確保に係わる要望、米の海外輸出や海外農業事情に関する質問など、盟友からは多くの意見・要望等が出され、非常に有意義な時間となりました。

妹背牛

青年部妹背牛支部 第41回 豊年祈願焼肉祭り

2017年7月8日

7月8日、妹背牛支所裏駐車場において青年部妹背牛支部(渡会慎一郎支部長)主催の「豊年祈願焼肉祭り」が開催されました。
およそ1,000人にも上る来場者で埋め尽くされた会場で、渡会支部長による開会挨拶を皮切りに祭りがスタート。
今回の司会者は、藤坂雅志さん(妹背牛北)と杉原靖浩さん(妹背牛南)の2人が務め、有名芸人に扮して会場内をさらに盛り上げました。出店には、青年部妹背牛支部以外に、妹背牛フレッシュミズ会、青年部秩父別支部の販売もあり、長蛇の列ができる程の人気でした。
各出店紹介後には、皆さんお待ちかねの大抽選会を開始。今回も100本にも及ぶ景品が準備され、1等賞や特賞等の抽選時には会場内がどよめく等、大盛り上がりの抽選会となりました。最後に、今回の実行委員長を務めた、岸上敏之さん(妹背牛北)より閉会の挨拶・三本締めにより今回の焼肉祭りが終了しました。

秩父別

青年部秩父別支部 視察研修実施 最新の研究と技術に触れてきました(会期:7月4・5日)

2017年7月4日

青年部秩父別支部(藤原幹也支部長)は7月4・5日、十勝方面への視察研修を実施し、盟友15名が参加しました。
最初に訪れたのは十勝農業試験場で、4つある研究グループのうち、今回は豆類グループと地域技術グループの2ヵ所で研究内容を学ばせて頂きました。
翌日は、産業用ドローン等を扱っている㈱AIRSTAGEを訪問。ここでは、室内でのフライト体験をさせて頂きました。また、自律散布システムやレーダー感知システム等最先端技術を搭載・採用した、開発中のドローンの話などもして頂き、盟友達は興味津々で話に聞き入っていました。

共通

第41回青年部北ブロック球技大会開催 秩父別支部が悲願!?の優勝!妹背牛支部は復活戦2連覇!

2017年6月23日

JA空知青年部連合会北ブロック主催の第41回球技大会が6月23日、秩父別町ファミリースポーツセンター野球場で開催され、同北ブロックに所属するJA青年部等全12チームがソフトボールで対決し、多くの熱戦が繰り広げられました。
初戦で沼田支部と妹背牛支部が対戦し、3連覇を目指す沼田支部が妹背牛支部を圧倒。準決勝では、沼田支部と秩父別支部の対戦となりました。試合は接戦の末、秩父別支部が勝利するも沼田支部からの思わぬ勝利に戸惑う盟友の様子も見られました。
一方、初戦に敗れた妹背牛支部は復活戦に望みを託し、乱打戦を制しつつ、昨年に続き復活戦優勝を果たしました。
秩父別支部が「沼田に勝ったからにはもう優勝を目指すしかない」と、挑んだ決勝の相手はJAきたそらち北竜支部。打線のつながりと堅実な守備を見せた秩父別支部が5対2で見事優勝を成し遂げました。

共通

JA北いぶき青年部 『青年部の日』大運動会開催 JA職員と楽しく絆を深めました

2017年6月18日

月18日、JA北いぶき青年部(渡会慎一郎部長)は、秩父別町ファミリースポーツセンター並びにふれあいプラザにて『青年部の日』大運動会を開催し、青年部盟友とJA職員総勢77名が参加しました。
始めに五色綱引きを行い、次に敵陣のカゴを狙うという特殊なルールの玉入れを行いました。会場をふれあいプラザに移した後は「マンパンになるまで」という、おちょこと湯呑みを使って用意された3種のビンを色水で満杯にしていくという競技と、飴玉探しや二人三脚、お題で答える大喜利などが盛り込まれたリレー競争が行われ、会場はたくさんの笑い声と歓声で包まれました。

123456Next »