文字の大きさ

  • TOP
  • >北いぶきNEWS
  • >『メロン体験学習』沼田小学校児童がメロンの生育を学びます

沼田

『メロン体験学習』沼田小学校児童がメロンの生育を学びます

2020年6月15日

 『メロン体験学習』は、沼田町で地域参画活動を行う「農天気の会(藤村富士子代表)」が主催の沼田小学校児童と行う体験学習で、普及センターの協力のもと平成16年から続けられています。
6月15日、メロンの定植体験の為、沼田小学校4年生児童12名が辻則行さん(沼田地区・沼田東部西)の圃場を訪れました。児童のみんなは定植時のポイントを教えてもらうと、さっそくハウスへ。30度を超えるハウス内で、暑さと闘いながら1人3本ほどの苗を植えました。その後は、8月ごろ出荷予定のメロンを観察しながら、辻さんより果実ができる仕組みや皿敷き作業の大切さを教えてもらいました。
今年度の『メロン体験学習』は、8月に皿敷き作業体験、9月に収穫体験を予定しております。