文字の大きさ

共通

北いぶき南瓜・馬鈴薯生産組合 通常総会開催

2018年12月18日

北いぶき南瓜・馬鈴薯生産組合(荒木勉組合長)は12月18日、秩父別町内にて通常総会を開催しました。
荒木組合長挨拶後、議事に入り、平成30年度事業報告・収支決算等、上程された全ての議案が承認され、出席した生産者からはヘプタクロル土壌残留検査の費用負担に関する要望等が挙げられました。JA職員による販売実績報告では、「異常気象等の影響を受け、南瓜・馬鈴薯共に市場全体が品薄状態となり、単価は前年度よりも高く推移していました。しかしながら、本地においてもその影響を受け、作付面積は増加していたものの、小玉傾向で製品収量が減となり、反収・販売額においても前年度より下がる結果となりました」との報告がされ、総会が終了しました。